釣船なら黒川丸 横須賀久里浜黒川本家  
 
TOP

釣果

仕掛 動画

紹介

1日流れ

アクセス 料金 質問 割引
<道糸>PE4〜5号

<クッションゴム>1.5mm 20cm         
   
<オモリ>130号

<ハリス>2号 2m

<ハリ>金ムツ9〜10号


 
<ポイント>
アジはタナを正確にとって下さい。出来るだけ船頭の指定するタナを狙って下さい。基本的には海底スレスレにいる事が多いです。
<釣り方>
コマセを切らさないように釣って下さい。口が柔らかいので取り込むときは、タマアミですくって下さい。
<エサ>
赤い食紅で染めたイカの小さな切り身を使います。
<道糸>PE4〜5号

<オモリ>80号

<ハリス>3号 8m

<ハリ>チヌ4号


<クロダイ>2号6m

<ワラサ>6号6m

<イナダ>4号6m
 
<ポイント>
マダイは、タナを正確にとって下さい。出来るだけ船頭の指定するタナを狙って下さい。

<釣り方>
コマセを切らさないように釣って下さい。ハリスをやや長めにするのがコツ。まめなやり変え(コマセの詰め替え)でタナのとり直しを頻繁に行って下さい。合わせはしっかりと行って下さい。

<エサ>
エビ、オキアミ
 
 
<角>浮きスッテ4〜7号

<幹糸>3〜4号

<枝ス>2〜3号

<オモリ>60号


<竿>2.4〜3mやや胴調子      

<道糸>新素材3〜4号

<リール>小型胴付

<マルイカ仕掛>

PE1号以下  40号
PE2号〜3号 60号
PE4号以上  80号
 
<釣り方>
誘いはソフトに、巻き上げは慎重にして下さい。
マルイカの誘いは、他のイカよりももっとソフトに誘います。棚も底周辺が多く、この近辺を徹底して、ソフトに誘ってあげるといった釣り方です。でも、非常に身がやわらかく巻き上げは、丁寧に慎重に行わなければなりません。ノリが浅い時などは、足だけということもしばしば見られます。深さもできるだけ手巻きで慎重に糸を緩めず巻き上げましょう。
 
 
※7月〜8月

夏は水中ランプ必要なし

ライトタック

 道糸2号以下  オモリ30〜40号


・[ノーマルタックル]

 道糸3〜4号 オモリ50〜60号

・道糸6号    オモリ80号

 
 ※冬場

<道糸>PE4〜5号

<オモリ>100号

<ハリス>タフロン100 6〜8号

<ハリ>ワームフック
<ポイント>
内湾から湾口にかけて、水深100m前後の海域で小魚を追っているが、底ではなく中層を回遊しているのでタナの見極めが決め手となります。
<釣り方>
鋭い歯で切られないよう、夜行チューブをかぶせてハリスの保護と集魚効果をあわせて狙います。餌釣りでもカッタクリでも強く、シャクルと食いが鋭いです。オモリが底に着いたら、数m切って中層に狙いを付け、スウッー、スウッーと長い間合いを取りながら状況によっては、数10m上まで優しく誘い上げます。アタリは小さく、コツッときたらすかさず竿先を下げ、十分に間合いを取ってから静かに引き上げます。瞬間的な早アワセもバレやすいです。乗っていたら、強めにガッチリ、あわせて下さい。
<エサ>
サバの身餌のタンザク。